ウツボにはどのくらいの数の種類がいるのでしょうか?

また、ウツボは水族館などで見かける場合も多いですが、ウツボの飼育方法とはどのようなものなのでしょうか?

ウツボの種類と飼育方法について、調べてみました。

ウツボの種類

ウツボ 種類 飼育

ウツボにはたくさんの種類がいます。

1種類だけではありません。

世界中に約200種類以上のウツボがいると言われています。

ウツボの大きさがそれぞれ違いますが、大きな違いとしては普通のウツボにはないのですが、毒性を持ったウツボもいるという点です。

この毒性を持ったウツボを人間が食べると、食中毒などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

日本でも見られるウツボは1種類ではなく、色や形の違うウツボを見ることが出来ます。

日本では沖縄県などで多くのウツボを見ることが出来ます。

スポンサードリンク

ウツボの飼育方法

見た目が強烈なウツボですが、実は観賞用の魚としても非常に人気があります。

ウツボを自分で捕まえなくても、ウツボを販売しているお店があるので比較的簡単に購入することが出来ます。

購入する際の価格も高くはないので、一般の人でも購入することが可能です。

ウツボを飼育する際には、ウツボの種類や大きさにもよりますが、比較的大きな水槽で飼育することが必要です。

それから、ウツボが暮らすのには、ライブロックなどを水槽内に設置しておくとよいでしょう。

ウツボは岩の隙間などに隠れて生活をすることが多い生き物です。

ですから、ウツボが隠れ家のように使うことが出来るライブロックが水槽内に設置してあると、ウツボにとっても住みやすいものになります。

ライブロックは、ペットショップやインターネット通販などで簡単に購入することが可能です。

値段も様々ですし、大きなもそれぞれなので、自分が飼育するウツボの大きさや予算に合わせてライブロックを選ぶようにするのがよいでしょう。

ライブロックはとてもおすすめですよ。

まとめ

ウツボは世界中にたくさんの種類がいます。

体長などもそれぞれ違いますが、ウツボの中には毒性をもったウツボも存在します。

毒性のあるウツボを人間が食べると、食中毒になる危険性があるので注意が必要です。

観賞用としてウツボは人気があります。

比較的小さいサイズのウツボが人気ですが、ウツボを飼育する際にはウツボが隠れることの出来るサイズのライブロックを設置することをおすすめします。

スポンサードリンク